歴史的に重要なiPhone4Sのプロトタイプ(動画あり)

今週、YouTubeチャンネルAppleDemoによって公開された新しいビデオは、iPhone4Sのプロトタイプバージョンの非常に興味深い外観を示しています。ビデオは、開発の設計検証テスト段階でのiPhone 4Sを示しています。

Appleのハードウェア開発は通常、EVT(エンジニアリング検証テスト)、DVT(設計検証テスト)、PVT(本番検証テスト)を含む段階を通過します。このビデオは、DVT段階のiPhone 4Sを示しています。この段階では、多くの決定がすでに完了しています。

このiPhoneは、エンジニアが、ベースバンドと呼ばれる特定のハードウェアコンポーネントをクラッシュさせるというソフトウェアの動作を分析するために使用されました。

ビデオのiPhone4Sは、エンジニアリング用のiOSを実行しています。iPhoneのアプリケーションは、純粋にテスト用です。

このテストの後、iPhone 4Sは取り壊されるためにリサイクル施設に送られましたが、この特定のモデルはどういうわけか生き残りました。

すべてのAppleデバイスにはシリアル番号があります。これは、これまでに製造されたすべてのAppleデバイスに固有の一連の識別可能な情報です。このiPhoneの製造日は、Steve JobsがAppleのCEOを辞任するわずか1週間前です。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2021年1月15日 by M林檎