ゴールドマンサックス、Appleは車ではなく、車内体験を気にかけていると主張

Appleカード提携銀行ゴールドマン・サックスは、Appleの自動運転車について触れたレポートを発行しました。そのレポートは、自動車産業が歴史的に利益率の低い産業であることを指摘することから始まります。

それは真実ですが、iスマートフォン業界の利益率の低い(または赤字の)ビジネスにおいて、Appleは、iPhoneによって、多くのお金を稼いでいます。

さらに、Appleが自動運転車に興味を持っている理由は、人々がiPhoneをより多くの時間を自由に使えるようにするためだと述べています。

「Appleや他のテクノロジー企業がこのビジネスに参加したいと考える主な理由は、将来の消費者がポイントAからポイントBに移動するときに、情報サービスを使用して自動運転車に多くの時間を費やす可能性があるためです」

ゴールドマンサックスはさらに、自動車はプラットフォームとしてのAppleにとっては理にかなっているが、製品としては理にかなっていないと主張しています。

ゴールドマンサックスは最終的に、Appleがテレビ業界でたどったのと同様の道をたどり、利益率の低い自動車をゼロから製造するのではなく、電気自動車市場のサービスプロバイダーになると見ています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年12月24日 by M林檎