ロイター、Appleが次世代バッテリー技術で2024年に自動運転車の生産開始と報道!

ロイターが、2020年12月21日(米時間)に共有した新レポートによると、Appleは、2024年から自社ブランドの自動運転車の生産を開始することを目指しているとのことです。

Appleは、2014年から自動車プロジェクトに取り組んでおり、同社の取り組みでは、自動運転車ソフトウェアだけに縮小するとに思われる時期がありましたが、マネジメントの見直しや新規人材採用の後、Appleの自動車への取り組みは発展し、同社は現在、消費者向けの自動車を製造できると感じています。

匿名の情報筋はロイターに対して、Appleはバッテリーのコストを根本的に削減し、車両の航続距離を伸ばす可能性のある新しいデザインのバッテリーを開発していると語っりました

Appleは、バッテリーの材料を保持しているポーチとモジュールを取り外すことで、個々のバッテリーセルを大きくし、バッテリーパック内のスペースを解放する「モノセル」設計を構築しています。これにより、より小さなパッケージでより多くの蓄電が可能になります。

ロイターに話を聞いたある人は、アップルのバッテリー技術を「次のレベル」と表現し、「初めてiPhoneを見たとき」に似ていると述べました

Appleは、自動車を生産するためにまったく新しいサプライチェーンを活用する必要があります。Appleは、車両製造メーカーを製造パートナーに委託することを計画していると言われています。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年12月22日 by M林檎