iPhone 12、5Gを利用するとバッテリーが20パーセント早く消耗

Tom’s Guideのレポートでは、iPhone 12とiPhone 12 Proの画面を150ニット明るさにして継続的に5Gと4Gでネットサーフィンし、30秒ごとに新しいサイトを立ち上げ、バッテリーが消耗するまでテストしています。

5Gを使用した場合、iPhone 12は、わずか8時間25分の持続時間、iPhone 12 Proを9時間6分の持続時間でした。また、4Gを使用した場合、iPhone12とiPhone 12 Proは、それぞれ10時間と23分、11時間と24分と持続時間が延びます。

結果を見ると、5Gを使用すると、iPhone12とiPhone 12 Proのバッテリー寿命が約20%短くなります。

同じテストを行ったiPhone 11では、4Gですが、11時間16分、iPhone 11 Proは、10時間24分の結果でした。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年10月22日 by M林檎