コンパクトで低価格の「iPhone 12 Mini」、あきらめるべき5つの機能

iPhone 12 miniはで5.4インチの画面サイズで、元のiPhone SE以来。小型のフォームファクターデバイスのファンは何年もの間、切望してきた最新の小型のiPhoneです。

今後のラインナップに関する現在の噂では、iPhone12でユーザーが、あきらめなければならない5つの機能があります。

それは以下の通りです。

ディスプレイ技術:
‌iPhone12‌miniは、Y-OCTA統合タッチを備えた柔軟なOLEDディスプレイを備え、LCDよりも豊かな色と真の黒を実現することが期待されています。

ただし、‌iPhone12‌miniのディスプレイには若干の欠点があると予想されます。伝えられるところによると、‌iPhone12‌Proと‌iPhone12‌Pro Maxは、XDR分類だけでなく、より鮮やかでリアルな色、豊富な色のグラデーションを実現する10ビットカラーを備えています。

さらに、120HzのProMotionディスプレイを搭載した一部のiPhone12モデルでは噂が行動されていますが、120Hzのディスプレイを搭載していないiPhone 12 miniについての噂は一貫しています。この機能が‌iPhone 12‌ラインナップに表示される場合は、ProモデルまたはPro Maxモデルのみに予約されている可能性があります。

LiDARスキャナー:
‌iPhone 12‌ ProモデルにはLiDARスキャナーがあると噂されており、今年初めにiPad Proで初公開されました。

iPad ProのLiDARスキャナーは、反射光を使用して、センサーから最大5メートル離れた周囲の物体までの距離を測定します。それは本質的にナノ秒の速度で光子レベルであなたの周りの環境をマッピングすることができます。

噂の‌iPhone 12‌P ro用LiDARスキャナーは、同じではないにしても、同じように機能する可能性があります。小型で低コストの非Proモデルであるため、iPhone 12 miniにはLiDARスキャナーが搭載されていません。

望遠レンズ:
iPhone 11と同じように、‌iPhone12‌ miniの背面には2つのカメラレンズが付いていると予想されます。広角レンズと超広角レンズ。ただし、‌iPhone12‌ miniは、ハイエンドProモデルの3番目のレンズが搭載されないでしょう。

ハイエンドの6.7インチ‌iPhone12‌Pro Maxは、センサーシフト手ぶれ補正技術を採用していると噂されています。これにより、これらのデバイスの超広角レンズに手ぶれ補正がもたらされる可能性があります。センサーシフト技術により、個々のレンズではなく、カメラセンサーに光学式手ぶれ補正を適用できます。この機能は、‌iPhone12‌ miniにまで搭載することはないでしょう。

‌iPhone12‌ miniは、Appleの新しい「ハイエンド」レンズアレイと改良されたスマートHDRの恩恵を受けて、低照度でのパフォーマンスを向上させることができます。

バッテリー容量
‌iPhone1 2‌ラインナップの中で最小のデバイスとして、‌iPhone 12 ‌miniには最小のバッテリーを搭載することが予想されています。iPhone 12 miniのバッテリー容量は2,227mAhです。Appleの現在最小のフラッグシップである‌iPhone‌である5.8インチiPhone 11 Proのバッテリー容量は3,046mAhで、‌iPhone12‌miniの容量は819mAh小さくなっています。

A14 BionicプロセッサとOLEDディスプレイはエネルギー効率を改善する可能性がありますが、「iPhone12」ミニのバッテリーサイズの基本的な制限により、全体的にバッテリー寿命が短くなる可能性があります。

6.7インチの‌iPhone 12 ‌Pro Maxは、3,687mAhのはるかに大きな容量が期待されるため、バッテリーの寿命を心配しているユーザーは、より大きなモデルを入手することで確実に恩恵を受けるでしょう。

高速な5G:
噂によると、‌‌iPhone 12‌‌ Pro Maxもミリ波5Gを高速化する唯一のモデルになるとのことです。サブ6GHz5Gは、より低速ですが、より普及している5Gの形式であり、‌iPhone 12‌ miniに搭載される予定です。ラインナップの中で最大サイズの‌‌‌iPhone‌‌‌だけが、現時点でミリ波を実装するために必要なアンテナ設計を収容するための内部スペースと、より高い電力使用に必要なより大きなバッテリーを持っていると思われます。

これらの不足している機能にもかかわらず、‌iPhone 12‌ miniは、最新のA14 Bionicプロセッサ、OLEDディスプレイ、まったく新しい四角いデザインが期待されています。

(via MacRumors)

 

Last Updated on 2020年10月6日 by M林檎