iPad (第8世代)スペックとベンチーマーク

ベンチマークアプリのGeekbench 5によよると、新発売のiPad (第8世代)のA12 Bionicプロセッサ最大動作クロックは2.50GHzで、パフォーマンスは、iPad (第7世代)より速く、iPad Air (第3世代)、iPad mini (第5世代)と同等の性能です。

L1キャッシュは128KB、L2キャッシュは8MB、メモリは3GBで、iPhone 7 Plusと同し仕様となっています。

iPad (第8世代)のベンチマークを「Gekbench 5」使って計測した結果によると、PadiPad (第7世代)と比較した場合、シングルコアで1.4倍、マルチコアで1.7倍という結果でした。

iPad Air (第3世代)と比較した場合、シングルコアで同等性能、マルチコアで約0.9倍という結果です。

(via Macお宝鑑定団

Last Updated on 2020年9月20日 by M林檎