Apple、iPhoneのカレンダーアプリでApple Pencilを使用できる特許を申請

2015年にAppleは、将来のiPhoneで使用されるApple Pencilに関連する特許を申請し、2017年と2019年7月に付与された継続特許です。これはiPhone、iPadで利用できます。

A今のところ、pple PencilがiPad専用のツールであることは、理にかなっています。Apple PencilをiPhoneで使用するためには、iPadのようにアーティストをサポートするだけでなく、メッセージ、カレンダー、メールなどの毎日のアプリケーションをサポートする必要があります。

2020年9月17日、米国特許商標庁は、発明に関するAppleからの継続特許を公開しました。継続特許により、発明全体をより適切に保護するために、Appleは、さらに特定の機能またはプロパティを元の特許に追加できます。

まず、Appleは、これまでの特許のタイトルを変更しました:

元の特許タイトル:「メッセージがタイプされているか、タッチセンサー式ディスプレイを備えた電子デバイス上に描画されているかどうかに関する表示を提供するためのデバイスおよび方法」(Devices and methods for providing an indication as to whether a message is typed or drawn on an electronic device with a touch-sensitive display)

新しい特許タイトル: 「タッチセンサー式ディスプレイを備えた電子デバイスでの手書き入力に基づいてカレンダーイベントを作成するためのデバイスと方法」(Devices and Methods for Creating Calendar Events Based on Hand-Drawn Inputs at an Electronic Device with a Touch-Sensitive Display)

明らかに、Appleの継続特許は、「手書きの入力」を強調し、「タイプされたメッセージ」を削除することへの大きな転換です。これにより、iPhone(またはiPad)でApple PencilをAppleのメッセージアプリおよびカレンダーアプリで使用することに重点が移っています。

今年3月のMacRumorsの報告によると、「Apple Pencil」を使用してメッセージテキストフィールドをタップし、誰かにメッセージを手書きで入力し、より読みやすいテキストに自動的に変換して送信することができます。MacRumorsによって得られた情報によると、PencilKit機能はiOSで利用可能なテキスト入力フィールドで機能し、メッセージ、メモ、リマインダー、カレンダー、メールなどと互換性があるようです。

したがって、AppleのiOS 14は、2015年に特許を取得したテクノロジーをサポートし、Apple Pencilが最終的に単なる描画や落書きを超えて、カレンダーなどのアプリケーションに拡張できるようになると考えられます。

(via Patently Apple

Last Updated on 2020年9月17日 by M林檎