マップを構築し自動運転のテストのためのEyeDriveユニットを搭載したスバル・インプレッサ

Twitterのユーザー@ YRH04Eが、Appleの内部資料をいくつか共有してます。

これにより、会社がセンサーや特殊な車を操作し、通りを横切って画像やその他のデータをキャプチャするためにApple Mapsチームが従わなければならないプロトコルがどのように操作されるかが分かります。

Appleは、改造されたバンを使用してデータの収集を開始しましたが、現在フィールドオペレーターは、「ユリシーズ」として内部的に知られている白いスバルインプレッサを運転しています。これらの車両は、アップルの3Dビジョンチームの一部であり、複数のデータをコンピュータービジョンおよび機械学習テクノロジーと組み合わせて、Appleマップで3D画像を提供します。

車は、高度な高解像度カメラとツァイスレンズを備えた車両上部のタワー、LiDARスキャナー、すべてのキャプチャデータをリアルタイムで処理する2013 Mac Proなど、数十のハードウェア部品で改造されています。すべてはEyeDriveユニットによって制御されます。EyeDriveユニットは、EyeDriveアプリを備えた変更されたiPadであり、実行する割り当てを提供し、オペレーターがキャプチャしたデータを管理することもできます。

車両には4 TBのSSDが4つ搭載されており、約1週間の作業で満杯になり、AppleはUPSの翌日配達を利用して、これらのSSDをできるだけ早く交換します。もう1つのタイプの車は、アップルの自動運転車の取り組みに使用される自動運転のレクサスで、コード名は「Tyche」です。以下に示すように、変更された車両ごとに独自のバージョンのEyeDriveアプリがあります。

Appleは、改造された車を安全で説明されていない場所に保管します。この場所は、車両の実際の所有者の匿名性を維持するためにフロント会社にレンタルされます。ユリシーズユニットは通常、ドライバーとEyeDriveシステムを管理する別の人が操作し、データを収集するための正確な指示があります。

チームは、太陽が30度の朝にキャプチャを開始し、夜に30度に達するまで運転する必要があります。そうしないと、太陽がLiDARセンサーの動作を妨げます。Appleはまた、一貫した画像を提供するために、完璧な気象条件でキャプチャを行う必要があることも要求しています。すべての機器が期待どおりに機能していることを確認するために、各自動車はフィールド作業の前に慎重に検査されます。

外出中は、iPadのEyeDriveアプリがチームに、データをキャプチャするために運転するべき場所を伝えます。オペレーターは、iPadを介してリアルタイムで画像を確認し、キャプチャの見栄えがよいか、問題がないかを確認できます。車が運転されている通りには緑色の輪郭が表示され、特定の道路が私有地または建設中の道路であるためにアクセスできない場合、オペレーターはマークを付けることができます。

結局、システムはオフになり、すべてが安全に保存されます。車はもう一度検査され、キャプチャされたデータを含むSSDが直ちにAppleに送信されます。

これらのデータはすべて、ユーザーがApple Mapsで3D都市を探索できるフライオーバーやルックアラウンドなどの機能を強化するために主に使用されます。これらの車両は米国でよく見られますが、Appleはゆっくりとカナダ、ヨーロッパ、日本にそれらを拡大しています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年9月8日 by M林檎