ロシア議会、AppleにApp Storeの手数料を20%に引き下げるよう強制する法案を提出

Reuterによると、ロシア議会はまもなくAppleやGoogleなどの企業がアプリの販売から受ける手数料を制限するかどうかについて投票する予定です。

議員フェドート・ツムソフによってロシアの下院に提出された法案は、アプリケーションの販売に関する手数料が20%を上限とすることを規定しています。Appleは現在、App Storeでの売り上げの30%の手数料を徴収しています。

しかし、法案は、ロシアの最大手数料を引き下げるだけでなく、可決された場合、Appleのような企業に「四半期ごとにITスペシャリストのための特別なトレーニングファンドに手数料の3分の1を支払う」ことになります。

Appleの30%App Store委員会は反トラスト法の議論に関して頻繁に引用されていますが、別の主要な部分は、Appleが開発者に対して持っているコントロールと、App Storeのレビュープロセスを通じてアプリが承認される方法に関する懸念です。

この法案が、承認された場合、これは非常に注目に値する法案です。世界中の多くの国が、App Storeの慣行を中心に、独占禁止法の問題についてAppleを精査しているためです。Appleが承認されれば、間違いなくAppleはそのようなロシアの法律に上訴するでしょう。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年9月7日 by M林檎