加熱で開発を断念したAppleのAirPowerワイヤレ充電器のプロトタイプ

iClarifiedが、加熱で2019年3月に開発を断念したAppleのAirPowerワイヤレ充電器のプロトタイプを分解する動画を公開しています。

ビデオでは、マットの上に置かれた任意の場所にAppleデバイスを充電することを目的としたデバイスの表面積全体に密に詰め込まれ、層状に配置された合計14個のワイヤレス充電コイルが見えます。

このデザインのもう1つの興味深い側面は、ワイヤレス充電器に詰め込まれた高密度の電子機器を分割するキーボード風の金属フレームです。

AirPowerユニットの背面にあるLightningポートも確認できます。

これが実際に開発を断念したAirPowerプロトタイプである場合、複雑な設計は、これが通常のマルチデバイスワイヤレス充電器よりもはるかに高価になるでしょう。。

今年の初めに、AppleアナリストのMing-Chi Kuoは、2020年の前半にAppleが「小型のワイヤレス充電マット」をリリースするだろうと予測しました。

Appleは、この失敗の教訓を活かし、現在、新しいワイヤレス充電器を開発しています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年8月22日 by M林檎