Apple、OSのコードやドキュメント内の人種差別的用語を置き換える作業に取り組む

Appleは、開発者ポータルのアップデートの変更を発表し、コーディング用語は、Xcode、プラットフォームAPI、ドキュメンテーション、およびオープンソースプロジェクトから人種差別主義者と見なされる可能性がある言語を削除または置き換えるように変更されると述べました。

変更は、iOS 14、iPadOS 14、macOS Big Sur、watchOS 7、tvOS 14のベータソフトウェアとそれに付随するドキュメントで6月に開始されました。

Appleは、「ブラックリスト」、「ホワイトリスト」、「マスターブランチ」、「マスター/スレーブ」、その他のあまり重要でない用語を参照する代わりに、「許可リスト」や「拒否リスト」などのより中立的な言語を実装します。 「メイン」はXcode 12のデフォルトのSCMブランチの「マスター」に取って代わります。

Appleのイニシアチブは、人種差別的な用語を技術的なコンピューターの参照から廃止するというより広範な要求の中で取り組みが始まりました。この取り組みは長年続いていますが、5月のジョージフロイド殺害をめぐる抗議活動によって急ぐ必要が出てきました。

(via AppleInsider

Last Updated on 2020年7月18日 by M林檎