将来のApple Pencil、現実の世界から色をサンプリングするセンサーを搭載!

米国特許商標庁が今週、公開したAppleの特許出願によると、Appleは、現実世界の色をサンプリングしてデジタルアート、描画、編集などに使用できるようにする新しいApple Pencilのテクノロジーを開発しています。

Computer System With Color Sampling Stylus(カラーサンプリングスタイラスを備えたコンピューターシステム)」というタイトルのこの特許は、カラーセンサーを備えているスタイラスについて説明しています。

カラーセンサーには、さまざまなカラーチャネルの光を測定できるいくつかの光検出器が装備されているため、花などの現実世界のオブジェクトから色を検出してサンプリングできます。

スタイラスは、光検出器が正確に色を決定するのを容易にするためにライトを装備することもでき、形状はApple Pencilのようです。

この種のテクノロジーにより、写実的な絵画や、草、植物、既存の芸術などのユニークな色のサンプリングに使用できます。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年7月18日 by M林檎