Apple、ARヘッドセット(グラス)用半透明レンズなどの開発を推進

Appleは、拡張現実ヘッドセットの開発において重要なポイントに到達したようです。

The Informationによると、デバイスの半透明レンズがプロトタイプから試作の段階に移行しました。

Appleは、iPad生産の大部分を生産している中国南西部の成都にあるフォックスコン工場の単一の生産ラインでレンズを開発しています。

Appleは新製品の開発に複数のフェーズを持っています。カリフォルニアと中国でのプロトタイピングの期間から始まり、その間に製品とその部品のそれぞれ数十ユニットと数百ユニットが作られます。

5月の時点で、レンズはエンジニアリング検証テスト(EVT)と呼ばれる段階に入っており、その間にAppleは通常数千のユニットを製造しています。その間、Appleはデザインをロックダウンし、量産への適合性のテストを開始しました。

このレポートは、レンズ(およびヘッドセット自体)がまだ少なくとも1〜2年は量産されないことを示し、2022年頃の発売になる見込みです。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年7月11日 by M林檎