エントリーレベルの「AirPods 3」は、「AirPods Pro」と同様のシステムインパッケージテクノロジーを採用する予定!?

TF International Securitiesのアナリスト、Ming-Chi Kuoによると、エントリーレベルの「AirPods 3」は、ハイエンドの「AirPods Pro」と同様のシステムインパッケージテクノロジーを採用する予定だとのことです。

2019年に導入された「AirPods Pro」は、「AirPods」とは異なるインイヤーデザインを採用しており、耳の下のステムが短くなっています。

「AirPods」の全体的な出荷は2021年に鈍化すると予測され、2020年に予想される65.1%の成長と比較して、28%の成長が予想されます。

Appleは、iPhone 12に有線のEarPodsを同梱しない見込みのため、低価格のワイヤレスイヤホンの需要は高まると予想されます。

(via AppleInsider

 

 

Last Updated on 2020年7月8日 by M林檎