優れた応答性の120Hzディスプレイを搭載するiPhone 12 Pro・Pro Max

信頼できるリーク情報提供者によると、iPhone 12 Proラインナップには、最大120Hzのリフレッシュレートが可能なディスプレイが搭載されており、優れた応答性、スムーズな動きを実現されるとのことです。

また、iOS 14開発ベータ版の一部のユーザーには、デバイスのフレームレートを60フレーム/秒に制限するアクセシビリティ設定が表示されています。すべてのベータユーザーに表示されるわけではない設定は、将来のiPhoneがより高いフレームレートに対応できる可能性があることを示唆しています。

AppleはすでにiPad Proモデルで可変リフレッシュレートテクノロジーを使用していますが、OLEDではなくLCDパネルを使用しています。新しい種類のOLED iPhoneに搭載すれば、スマートフォンのパフォーマンスがさらに向上します。

(via MacRumors

フォローをどうぞ!

最終更新日: