Apple Silicon Macへの移行は、IntelのSkylakeアーキテクチャへの不満が一因

Appleは、今週のWWDC基調講演で、MacでIntelプロセッサからARMチップに切り替える計画を発表しました。

元Intelのエンジニアであるフランソワ・ピエドノエル(François Piednoël)氏はPCGamerに、2015年のSkylakeアーキテクチャの導入以来、AppleはIntelプロセッサに不満を感じていたと述べました。

Appleは、2015年のiMacでSkylakeプロセッサを最初に使用し、次に同じプロセッサアーキテクチャを搭載した2016年のMacBookおよびMacBook Proモデルも発売しました。 基本的に、IntelによるSkylakeの品質保証の悪さは、プラットフォームから実際に離れる一因となりました。

ただ、それがApple Silicon Macへの移行の唯一の理由ではなく、今回発表されたようにiOSとmacOSアプリの共通化という重要な課題があったと感が寝られます。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年7月14日 by M林檎