Apple Silicon Mac、簡素化されたリカバリーモードを搭載!ターゲットディスクモードを廃止

Apple Silicon Macへの移行で、新しいmacOSリカバリオプション画面の変更やターゲットディスクモードの廃止が行われます。

現在、起動時にさまざまなmacOSリカバリー機能にアクセスできますが、それぞれに異なるキーの組み合わせが必要です。 リカバリモードではCommand-Rを押したままにするか、Option–Command–P–Rを押してNVRAMを消去することができます。

Apple Silicon Macから、Appleはこのプロセスを簡略化し、起動するときに電源ボタンを押し続けるだけでmacOSリカバリオプションにアクセスできるようになります。

Apple Silicon Macsはターゲットディスクモード(2つのMacをThunderboltで接続し、外部ディスクにする機能)をを廃止し、Mac共有モードに置き換えると述べています。つまり、Macを外付けハードドライブに変換する代わりに、共有モードでSMBネットワークファイル共有に変換して、認証後にデータにアクセスできるようにします。

また、Apple Silicon Macには、macOSおよびmacOSリカバリーの再インストールをサポートする必要最小限のバージョンのmacOSを提供する新しいシステムリカバリー領域が含まれます。これは再インストールの際に便利です。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年7月14日 by M林檎