iOS 14で見つかったAppleの「AirTags」のインターフェースサウンド

@Soybeysが、AirTagが近くにあることを示すなど、Appleの今後の「AirTags」が使用中に再生すると報告されているさまざまなサウンドを示すビデオを投稿しました。

ビデオは、ローカライズされたバージョンのファイルのリストのように見える一連のサウンドを示しています。再生するアイコンすべてが.cafまたは.ahapファイルです。前者はAppleが開発したCore Audio Formatで、複数のサウンドやサウンドのタイプのコンテナになることを目的としています。

Appleは後者の形式、.ahapも作成しました。これはApple Haptic and Audio Patternファイル形式です。

これは、AirTagが使用する音とともに、触覚フィードバックを提供する可能性があることを示唆しています。

iOS 14は、WWDC後にベータ版が開発者に公開されるはずですが、すでに内部から流出したソースコードによって、様々な事実が明らかになっています。

(via AppleInsider

Last Updated on 2020年6月20日 by M林檎