ソフトバンク、iPhone・3G スマートフォン・タブレット利用の一部の通信サービスで速度制限の条件を緩和

ソフトバンクが、iPhone、3G スマートフォン、タブレット利用の一部の通信サービスで通信速度が低速になる速度制限の条件を緩和しています。
なお、今回の変更では「4Gのデータ定額」は含まれていません。

iPhone、3G スマートフォン、タブレットをご利用の場合の、対象のパケット定額サービスは以下のとおりです。
パケットし放題フラット、パケットし放題フラット for スマートフォン、データ定額パック(3G スマホ)、シンプルスタイル専用パケット定額サービス(2日プラン/7日プラン/30日プラン)、パケット定額フル、パケット定額(シンプルオレンジE)、パケットし放題 for スマートフォン(シンプルオレンジE)、Wi-Fiバリュープラン専用パケット定額、パケットし放題MAX for スマートフォン、ゼロから定額、2段階パケット定額、( iPad 専用)ゼロから定額プラン、( iPad 専用)ゼロから定額プラン2、( iPad 専用)ゼロから定額プランN、( iPad 専用)ゼロから定額プランN2、( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン、( iPad 専用)データ定額プラン

変更前の速度制限の条件は、「前々月の月間で約1.2GB以上利用すると、当月1ヵ月間の速度制限」でしたが、変更後は「過去3日間で約3GB以上利用すると、約3GB以上ご利用いただいた翌日の午前6時から24時間の速度制限」となります。

他にもiPhone 5の速度制限が変更されています。詳しくは以下のプレスリリースをご覧ください。

ソフトバンク→プレスリリース