Apple、ちらつきや緑・灰色の表示など、各iPhone12モデルのディスプレイ問題を調査

MacRumorsが入手したAppleの内部文書で、Appleは、特定の条件下でちらつき、緑または灰色の表示、まその他の意図しない照明の変化を示す一部のiPhone12ディスプレイの問題を認めています。

今週、Apple認定サービスプロバイダーと共有されたドキュメントの中で、Appleは、この問題に関連する顧客レポートを認識しており、調査中であると述べています。

Appleは、少なくとも今のところ、影響を受けるiPhoneの修理を避け、代わりにiPhoneを最新のiOSバージョンで最新の状態に保つ必要があることを顧客に通知するよう技術者にアドバイスしています。このガイダンスは、Appleが将来のソフトウェアアップデートで問題を修正できると確信している可能性があることを示唆しています。

iPhone 12モデルが発売されて間もなく、MacRumorsフォーラムとAppleサポートコミュニティでこの新しい問題について苦情が寄せられています。この問題は、iPhone 12 mini、iPhone 12、iPhone 12 Pro、およびiPhone 12 ProMaxに影響を与える可能性があります。

ユーザーの報告によると、この問題は、ディスプレイの明るさが約90%以下に設定されている場合に発生するようです。多くのユーザーがiOS14.1、iOS 14.2、そして最初の2つのiOS14.3ベータでさえこの問題を経験しています。ちらつきや光りは常に持続するわけではなく、一部のユーザーでは、短時間で消えます。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年11月19日 by M林檎