中国規制当局、国内で販売されたApple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)のLTE接続を切断

The Wall Street Journalが、中国国内において、今後数ヶ月にわたりApple Watch Series 3のLTE接続が切断され、再開しないと報じています。

China China Unicom社が、9月22日に派Apple Watchを発売してから、その約1週間後の9月28日にLTEへの接続を停止と、新規の契約を打ち切りました。

業界アナリストは、この停止は標準的な携帯電話とは異なる技術を使用しているこのデバイスのユーザーを追跡することと、中国の政府のセキュリティ上の懸念から生じている可能性が高いとしています。

標準的な携帯電話とは異なる技術とは「eSIM」のことです。SIMカードの代わりにソフトウェア的にSIMを実現する技術です。

「eSIM」は、ソフトウェアを使用することで、ユーザーが通信事業者と通信プランを選択できます。しかし、中国では、この新しいシステムは、通信事業者と規制当局にデバイスユーザーの身元をどのように追跡できるかという問題を提起していて、それを解決できるまでは、Apple Watch Series 3のLTE接続機能は復活しないと思われます。

(via MacRumors