macOS High Sierraの隠れた機能、毎週、EFIファームウェアのセキュリティチェックを自動実行!

Appleのエンジニアが、現在は消していますが、macOS High Sierraの未発表の機能についてTwiiterでつぶやきました。

それはMacのEFIファームウェアの改ざんを防ぐために、Appleのデーターベースのデータを自動的にチェックし、データベースと不一致がありがあれば、改ざんの疑いがあるのでAppleへの報告するようにとのメッセージが表示されます。

ユーティリティ「eficheck」は以下のフォルダにあるファイルです。
/ usr / libexec / firmwarecheckers / eficheck
この「eficheck」1週間に1回自動的に実行されます。チェックに失敗した場合は、「Appleに送信する」または「送信しない」というオプションが表示されます。

データベースのライブラリは、セキュリティの更新が有効になっている限り、自動的かつサイレントに更新されるとのことです。

(via MacRumors

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。