【気球環境】科学者たちが、人口の50%に影響を与える可能性のある巨大な新しいオゾンホールを発見!

科学者たちはオゾン層に巨大な新しい穴を発見しました。彼らは、新しい穴が存在することは予想されていなかったと言います。しかし、彼らはそれが世界のほぼ全熱帯地域をカバーしていることを発見しました。現在、その大きさは、巨大で南極上空に毎年開く有名な穴の約7倍の大きさであると推定されています。

カナダのオンタリオ州にあるウォータールー大学のQing-Bin Lu教授は、この新しい穴が30年以上開いていることを研究が示しているとThe Independentに語りました。

Lu教授は、この穴はすべての季節に現れ、1980年代から続いていると言います。地上レベルの紫外線を増加させる可能性があるため、これは大きな懸念事項です。もちろん、これは、それが影響を与える地域内の癌と白内障の関連するリスクも高めます。さらに、それは私たちの熱帯地域の生態系と健康に他の多くの悪影響を与える可能性があります。

オゾン層のこの新しい穴が非常に大きく、世界の多くに影響を与えることができるのなら、なぜ発見するのにそれほど時間がかかったのでしょうか?
その答えは実際には非常に簡単です。そこに穴があるとは思っていませんでした。

オゾン層は、危険な紫外線から地球の表面を保護します。Lu教授は、この穴は、従来の光化学モデルに基づいて存在するとは予想されていなかったため、気付くのに非常に時間がかかったと述べています。代わりに、Luの発見によって示されたデータは、宇宙線駆動電子反応(CRE)モデルとよく一致しています。このモデルは、オゾン層の新しい穴と南極で見つかった穴の両方の背後で機能する同一のメカニズムがあることを強く示しています。

以前は、一次クロロフルオロカーボン(CFC)が地球の大気中のオゾン層破壊の原因であると多くの人が信じていました。南極のオゾンホールの発見は、CFCが私たちの大気に影響を与えることを証明しました。

ただし、多くの人はCREも役割を果たすと信じています。Lu教授らは、ほぼ20年前に、CREによって開始されるオゾン層破壊メカニズムのアイデアを提案しました。

この新しい発見は、その特定のモデルと一致しているようです。最終的に、オゾン層のこの新しい穴の原因を裏付けるのは簡単ではないかもしれません。しかし、Lu教授は、少なくとも地球温暖化に対する私たちの進行中の窮状についてもっと理解するのに役立つことを望んでいます。

(via BGR

Last Updated on 2022年7月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。