ウェブカメラにアクセスするMacの「覗き見マルウェア」(Fruitfly)が発見される!

Synackの研究者 Patrick Wardle氏は、Macのウェブカメラを起動して写真を撮ったり、スクリーンショットを撮ったり、キーストロークを捕まえることを可能にするMacマルウェアを発見しました。

同氏によると、驚くことにマルウェアは少なくとも5年間〜10年間、Macに感染していると述べています。

このマルウェアはFruitflyと呼ばれ、1月に発見され、macOSアップデートによってブロックされました。

Wardle氏によるとFruitflyの亜種は、OS Xよりも前の古いコードを使用していて、コード内に記述されたバックアップドメインを解読すると、登録されたアドレスに接続したMacは、2日以内に400台以上に感染していたとのことです。

マルウェアのターゲットは、企業ではなく個人ユーザーで、金銭的な目的で設計されているのではなく、他人のMacをのぞき見る目的のようです。

(via 9 to 5 Mac