Apple、開発者サイトでWWDC 2018の検索可能なセッションビデオの講演記録を公開!

Appleが、開発者サイトで、昨年と同様に今年もWWDC 2018の検索可能なセッションビデオの講演記録を公開しています。 動画と同時に公開され、記録と動画がリンクしているので開発者にとっては非常に便利です。 講演記録の特定の場所をクリックするとビデオが底まで進むようになっています。これだとWWDC …

記事全文を見る>> 

Apple、「データとプライバシー」の公式ページを公開し、個人情報の修正や削除が簡単に!

Appleが、「データとプライバシー」の公式ページを公開し、個人情報の修正や削除が簡単になりました。 以下のページにアクセスし、ログインすると個人情報の修正やApple IDの削除が簡単にできるようになりました。 →データとプライバシー

記事全文を見る>> 

Apple、アクセシビリティの公式ページを更新!

Appleが、アクセシビリティの公式ページを更新しています。2016年以来の大幅更新です。 Mac、iPad、iPhone、Watch、TV、ストーリーの項目があり、製品別に障害のある方への使用法を紹介してます。 ストーリーでは、実際のユーザーの使用例を紹介しています。 視覚障害、聴覚障害などの機能 …

記事全文を見る>> 

Apple、8Kのディスプレイを搭載した「AR / VRヘッドセット」を開発中

  Appleの内部情報筋の話として、拡張現実感と仮想現実感の両方のアプリケーションをサポートする強力なヘッドセットに取り組んでいるとCNETが報じています。 コードネームT288のヘッドセットは、iPhoneを利用してテザリングする必要は無く、60GHz WiGigと呼ばれる高速近距離無 …

記事全文を見る>> 

「iPhone、iPad、Mac」アプリのクロスプラットフォーム化はあるが、「iPadとMac」のはハードウェア統合はない!

Appleのティム・クックCEOが、The Sydney Morning Heraldのインタビューで、iPadとMacに関する考え方を示しました。 現在、Appleは「iPhone、iPad、Mac」アプリのクロスプラットフォーム化を進めていて、6月のWWDCで発表されることが予想されています。 …

記事全文を見る>> 

Apple、ソフトウェアの安定性やセキュリティの向上のために新機能の開発を遅らせている!

Appleが、最近、iOSやmacOSの脆弱性に対する内部的なソフトウェア品質の向上に力点を置いています。 その影響は新機能の開発にも現れています。もともとiOS 12に搭載予定の新機能は、iOS 13に先送りされるとの情報が有力です。 それを裏付けるようにMacRumorsの調査によると、AR技術 …

記事全文を見る>> 

Apple、「ファミリー」の公式ホームページを公開!

  Appleが、日本の公式サイトで「ファミリー」の公式ホームページを公開しています。 ページの趣旨は、親が子供に安全にApple製品を利用させるために、App Storeでのアプリ購入管理やネットのアクセス制限、アプリ内課金の管理、子供の居場所の確認機能などを紹介しています。 また、家族 …

記事全文を見る>> 

Intel、第8世代Xeonプロセッサとコア・プロセッサは、SpectreとMeltdownの脆弱性に対応するため再設計

Intelが、第8世代Xeonプロセッサとコア・プロセッサは、SpectreとMeltdownの脆弱性に対応するため再設計されることが分かりました。 Specterの亜種1はソフトウェアで引き続き処理されますが、IntelはSpectreの変種2およびMeltdownの亜種3に対する将来の安全を提供 …

記事全文を見る>> 

Apple、「Made-for-iPhone / iPad / iPod(MFi)」ライセンスプログラムに「Lightning to 3.5mm出力ケーブル」と「USB-C電源アダプタ」を追加

Appleが、Appleの基準を満たしたアクセサリに認証を与える「Made-for-iPhone / iPad / iPod(MFi)」ライセンスプログラムに「Lightning to 3.5mm出力ケーブル」と「USB-C電源アダプタ」を追加しています。 これによりサードパーティのアクセサリ企業は …

記事全文を見る>> 

Apple、アクセサリーメーカー向けの「Made-for-iPhone(MFi)」認証マのロゴ・デザインを変更!

Appleが、アクセサリーメーカー向けの「Made-for-iPhone(MFi)」認証マークのロゴ・デザインを変更しました。 今後の新製品については90日以内に使用することが求められています。 新デザインを見て分かるのは、旧デザインのデバイス・デザイン部分がAppleのロゴになったこと、デバイスの …

記事全文を見る>>