Appleとデザイナーのジョナサン・アイブ氏が決別しても、社内では後継者による工業デザイン体制が構築されている

伝えられるところによると、今週、Appleはデザインの伝説であるJonyIveとの関係をすべて断ち切った。しかし、彼がかなり前に会社を辞めたと考えるのは許されるかもしれません。私は2019年に彼のアルミニウムバッジと銃を手渡し、それ以来、フリーランスのコンサルタントとしてAppleと協力してきました、

伝えるところによると、AppleとAppleを退職したアイブ氏のコンサルタント契約は株主をなだめるためのPRでフィクションにすぎなかったというものです。アイブ氏は、少なくとも消費者向け製品に関する限り、本質的に2015年に工業デザインに関わらなくなったようです。

彼は、その時点で、Apple社内で同様の製品のデザインに飽き飽きし、退社を決意しましたが、アイブ氏の退社は、あまりにも株主やユーザーへのインパクトが強いので、退社後もデザインに関するコンサルタント契約を続けたとのことです。

工業デザインはチームワークと個人主義の混合物です。実際のデザインには才能のある共同チームが必要ですが、デザインのアイデアを販売するにはカリスマ的な個人が必要です。以前まではアイブ氏がその役割を果たしてました。

しかし、現在では、無名ですが、ヒューマンインターフェイスデザインのVPとしてIveに取って代わったHankey氏、Bergeron氏、またはAlan Dye氏がその役割を担っているので、今後のAppleのデザイン体制は心配ないようです。

Apple、元デザインチーフのJony Ive氏とのパートナーシップを契約を終了

(via MacWorld

Last Updated on 2022年7月17日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。