残念!Google、Facebookなど主要アプリ開発企業は、Apple Silicon Mac用にiOSアプリを提供しない!

Appleは、11日午前2時から、Apple Silicon Macの発表イベントを開催します。AppleはWWDC 2020で、ARM MacがすべてのiOSアプリを実行できることを確認しました。ただし、思ったほど簡単ではないようです。

Apple Silicon Macは、iPhoneやiPadと同じプロセッサを搭載するため、開発者がmacOS用の特定のバージョンのアプリを提供していなくても、AppleはユーザーがこれらのMacにiOSアプリをダウンロードしてインストールできるようにします。

理論的には、iPhoneおよびiPad用に設計されたすべてのアプリはApple Silicon MacからアクセスするとMacApp Storeで入手できますが、実際には複数のアプリが提供されないようです。デフォルトでは、すべてのiOSアプリはAppleSiliconのMac App Storeで入手できますが、同社は開発者がiOSアプリを新しいユニファイドストアから提供しないことを許可しています。

ネイティブアプリを使用して新しいMacでYouTubeを視聴することを期待していた場合は、失望します。Googleは、Apple Siliconプラットフォームでほとんどのアプリを提供しないことを選択しました。これには、Googleマップ、Googleドライブ、Gmailアプリも含まれます。一方、iOS用のNetflixアプリは、HBOMaxアプリだけでなく新しいMacでも利用できるようになる予定です。

Facebookは、Instagram、WhatsApp、Messenger、Facebookアプリ自体などのiOSアプリをMac AppStoreに含めないことも選択しました。Snapchat、Amazon Prime Video、Disney +など、Mac App Storeにはない注目すべきアプリが他にもいくつかあります。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年11月10日 by M林檎