Apple、WWDC 2020でARMベースのMacを発表!正式発売は2021年

Bloombergのマークガーマン氏によると、Appleは今月末に仮想WWDCイベントでARMベースのMacへの移行を発表し、開発者に移行の準備を数か月できるようにする予定です。

レポートによると、最初のARMベースのMacは2021年にリリースされ、Appleは最終的にMacノートブックとデスクトップのラインナップ全体をカスタム設計のプロセッサに移行する予定です。

ARMベースのMacには、パフォーマンスの向上や消費電力の削減など、既存のIntelベースのMacに比べていくつかの利点があると予想されます。Intelの開発スケジュールに翻弄されることもなくなります。

ガーマン氏は、Appleが少なくとも3つのMacプロセッサを開発していることを述べ、最初のプロセッサは次期のiPhone 12モデルのA14チップをベースにしています。 TSMCは、その高度な5nmプロセスに基づいてMacプロセッサを製造する予定です。

Appleの最初のMacプロセッサは、8つの高性能コアと少なくとも4つのエネルギー効率の高いコアを含む12のコアを持つと予想されています。 Appleは12コア以上のMacプロセッサを将来的に計画していると言われており、同社は明らかにA15チップをベースにした第2世代のMacプロセッサを設計しています。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年6月10日 by M林檎