Apple、Aシリーズチップ設計の重要人物「ジェラード・ウィリアムズ3世」を失う!

Aシリーズチップ設計の重要人物「ジェラード・ウィリアムズ3世」が、2019年2月にAppleを退社していることが分かりました。

同氏は、A7(モバイルデバイス用の最初の64ビットプロセッサ)からA12X(Appleの最新のiPad Proデバイスを動かすチップ)のデザインを監督してきた重要人物です。

同氏は、電力管理、メモリ圧縮、およびマルチコアプロセッサテクノロジに関するものなど60以上のApple特許に発明者としてリストされています。

ウィリアムズ氏のリーダーシップにより、CPU、GPUグラフィックス、メモリなど多くの機能を同一の物理パッケージに詰め込んでバッテリ寿命を延ばし、チップサイズを縮小することに尽力してきただけにAppleにとって大きな損失です。

(via CNET)