Appleが決して作らないタッチ式セカンド・ディスプレイを搭載したMacBook

Steve Jobs氏は、タッチスクリーンを搭載したMacを拒否し続けていました。

それはタッチ面を使用していると短時間の後には疲労が始まり、長い時間が経過すると腕が疲れ、人間工学的に無理があると言うことです。

これはAppleの内部のテストでも確認され、ジョナサン・アイブ氏やフィル・シラー氏といった幹部もタッチスクリーン搭載のMacを否定しています。

Appleは、これまでの主張の通りディスプレイにはタッチスクリーンを採用していませんが、昨年発売のMacBook Proでは、ファンクションキーの代わりにTouch Barというタッチ式ディスプレイを採用しました。

今回、HandyAbovergleichが、大胆にTouch Barとキーボード部分を一体化したタッチ式セカンド・ディスプレイを搭載した「MacBook Touch」のコンセプトデザインを公開しています。これならば17インチのメインディスプレイにタッチパネルを搭載することは避けられそうです。

同時にトラックパッドも非常に大きなものを採用しています。

この入力部分のタッチ式ディスプレイは、キーボードデザインにしたり、またApple Pencilを使用して描画も可能です。広い面積があるので、非常に柔軟な作業ができそうです。

キーボードは打鍵感を出すために複数の触覚フィードバックを搭載することも考えてはどうでしょうか。

それでも、キーボード入力はあまり現実的ではないかもしれません。

(via 9 to 5 Mac

来年のiOSとmacOSでは、同一アプリが、どちらでも動作する環境を作るということが情報として流れています。「MacBook Touch」では、メイン・ディスプレイでMac用のUIのアプリが使え、セカンド・ディスプレイではiOSのUIアプリが仕様で起用したらどうでしょう。

そう考えると「MacBook Touch」は、非現実なコンセプトデザインではないかもしれません。