Apple、2018年のApple Watch・Macのラインナップでより高速な設計ができる「液晶ポリマー・フレキシブルプリント基板」を採用か?

KGI証券(KGI Securities)のアナリスト、Ming-Chi Kuo(郭明錤)氏によると、iPhone 8とiPhone Xでは、アンテナ部分やTrueDepthカメラに「液晶ポリマー・フレキシブルプリント基板(LCP FPCB)」を採用しています。

「LCP FPCB」のメリットは、より安定した周波数信号伝達を提供し、耐熱性と耐湿性も備えています。

Kuo氏は、AppleがMacBookのラインナップにこの技術を組み込むためにメーカーのCareerと協力していると述べています。「LCP FPCB」の採用によりAppleはかなりの量の内部スペースを節約し、USB 3.2や他のI / O接続を採用しやすくなります

Apple Watchでも、LTE接続のためのLCPアンテナ設計でCareerと協力していると考えられています。現在、Apple WatchのLTEアンテナはこれまでのPIベースのプリント基板です。

(via 9 to 5 Mac

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。