Appleのマップデータ収集カーがスコットランドへ、ストリートビューの公開は何時になるのか?

カメラやセンサーセンサーを屋根に取り付けたAppleのマップデータ収集カーが、10月9日から11月5日の間、西スコットランド高地の町、フォートウィリアムでマッピングデータの収集を開始するとのことです。

Appleは過去2年以上にわたり、世界各地でApple Mapsのデータを収集しています。これはGoogleストリートビューのようなストリートレベルの画像収集と考えられています。

2015年以来、収集カーは、イングランド、フランス、アイルランド、イタリア、スペイン、スウェーデンの一部に加えて、米国35州以上を調査しました。

Appleは、すでに収集された画像の顔やナンバープレートをぼかして、Google Mapsが何年も提供してきたストリートビューと同様に、Apple Mapsにストリートレベルの画像をマップに追加することができることを示唆しています。そのため、ここ1〜2年以内に公開される可能性があります。

しかし、一部の業界関係者は、収集カーが集めた画像はマップだけではなく、自動運転システムの開発や他の目的にも活用すると推測しています。

(via MacRumors

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。