iFixit、「iPhone 8」の分解レポート!内部は「iPhone 7」に似ている

新製品の分解で有名なiFixitが、早速、iPhone 8の分解レポートを公開しています。分解の結果、iPhone 8の内部は、iPhone 7とよく似ているとのことですが、新たに搭載されたQi規格の無線充電コイルが追加されています。

iPhone 8には1,821mAhのバッテリーが搭載されています。これはiPhone 7の1,960mAhのバッテリーよりも小型になっていますが、新プロセッサの「A11 Bionic」によって、省電力化が図られ駆動時間に変化はありません。

ロジックボードには、「A11 Bionic」、2GBの「SK Hynix LPDDR4 RAM」、クアルコムの「MDM9656 Snapdragon X16 LTEモデム」、「NXP 80V18 Secure NFCモジュール」が搭載されています。フラッシュストレージの記載はありません。

小さな変更としては、新カラーのLightningポートブラケットやタプティックエンジンの固定方法などが変わっています。また、ブラケットを外すためのネジが特殊なものでした。

ほかにスピーカー状になる新しい内部接続アンテナケーブルは奇妙だと述べています。

(via MacRumors

追記:

ワイヤレス充電のために今回採用されたリアのガラスパネルは、交換が困難だとしていますが、iPhone 8 Plusの分解レポートでは、割れると修理交換は不可能だと述べています。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。