Appleの拡張現実開発ツール「ARKit」を使って制作した A-haの名曲「Take On Me」のビデオ

デザインスタジオの「Trixi Studios」が、WWDC 2017で発表され、iOS 11でサポートされるAR(拡張現実)を開発するARKitを使って、80年代に大ヒットしたA-haの名曲「Take On Me」のビデオを制作しYouTubeで公開しています。

このビデオの制作には、ARKit、Unity 3D assets、GameFlow、Mixamoが使用されています。

「Take On Me」のオリジナルビデオは、デッサンと現実の世界を組み合わせたもので、今回の「Trixi Studios」は、それに3D感を加えているのが特徴です。制作には数日を要したとのことです。

(via MacRumors

余談ですが、久しぶりに「Take On Me」を聞き、気持ちのいいサウンドに思わずApple Musicでプレイリストを作ってしまいました。以下がオリジナルのビデオです。