「iPhoneの価格は高いが、品質は買う価値がある」とAppleの共同創設者 スティーブ・ウォズニアック氏が発言

中国のSouth China Morning Postが7月19日の記事で、Appleの共同創設者 スティーブ・ウォズニアック(Steve Wozniak)氏が中国の広東省で述べた発言を取り上げています。

ウォズニアック氏は、中国の携帯電話について設計がよく、見栄えの良い製品になっていいるし、価格を下げる方法も知っていて良いのだが、(一部の)人びとにはもっと余裕があると述べました。

しかし、世界最大のスマートフォン市場である中国市場では、Appleの売上高は前年同期比で14%減の107億米ドルとなり、四半期ベースで34%減となり、中国のHuawei、Oppo、Vivoなどの後塵を拝しています。

そうは言っても、AppleのiPhoneは買う価値があるとウォズニアック氏は考えています。
それはウォズニアック氏がiPhoneがスマートフォンの中で最高の製品だと考えているからです。同氏は、Android端末も使用したことがあり、さらにAppleに対しては辛口で知られ、ジョブズ氏が亡くなった後のAppleのイノベーションに対して苦言を呈したことがありますが、いまだにiPhoneへの評価は高いようです。

その理由は、費用対効果を重視する中国のスマートフォンとは異なり、高価なiPhone端末は「安全な製品」であるにもかかわらず、指紋認証のTouch IDの導入など、一部の機能の革新的リーダーでもあると述べています。

ウォズニアック氏は「Appleの製品は安全です。そしてAppleの価格は極端に高いが、あなたがAppleを愛し、それを支払う意思がある時、それは多くの人々にとって安全な賭けです」と述べ、iPhoneは価格が高いが安心感があると述べました。

また、同氏は中国の人たちに向けて「XiaomiやHuaweiのような地元のブランドは長く続いていて、素晴らしい製品を生み出している」と述べ、Android端末はiPhoneと同じレベルに近づいていると付け加えました。

Appleは、iPhone 8で高価であるが、安心感があり、さらに革新性がある製品を発売しようとしてます。革新性は、ARをサポートするリアカメラであり、ディスプレイに埋め込んだTouch IDであり、顔認識機能です。加えてAndroid端末には当たり前になっているワイヤレス充電を搭載するとみられています。

(via CNet