AppleがiPhone 14 mini(5.4インチディスプレイ)を発売しない理由


画像ソース:9 to 5 Mac

Appleは2020年にiPhone12のラインナップで5.4インチのiPhone miniフォームファクターを発表しました。しかし、支持者の声のにもかかわらず、iPhone12 miniは他のiPhone12と同様の販売数がないことがすぐに明らかになりました。

iPhone 12のラインナップがリリースされてからわずか2か月後、CIRPのアナリストからの報告によると、iPhone 12 miniは最初の2か月でiPhoneの売上の6%しか占めていませんでした。比較のために、iPhone 12が売上の27%を占め、次にiPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxがそれぞれ20%を占めました。

実際、iPhone 12 miniは、新しいフラッグシップiPhoneの1つであるにもかかわらず、iPhone SE、iPhone 11、 iPhone XRなどの古いモデルに販売で負けることが多くありました。

iPhone 13 miniは2021年9月に発売され、バッテリー寿命やディスプレイの明るさは改善されたものの、販売は依然として低迷しました。CIRPの最近のデータによると、iPhone 13 miniは第2四半期のiPhoneの全売上高の3%しか占めていません。

iPhone12miniとiPhone 13 miniはどちらも、iPhone 11とiPhone 12よりも優れています。しかし、多くの消費者は、より大きな画面を「よりプレミアムな」デバイスと位置付けています。

多くの報告によると、iPhone 14(コードネームD27およびD28)は、6.1インチおよび6.7インチのフォームファクタで提供されます。iPhone14ProおよびiPhone 14 Pro Max(コードネームD73およびD74)も、6.1インチおよび6.7インチのフォームファクタで提供されます。

これは、最小のiPhone 14が6.1インチのディスプレイを備え、Appleが画面サイズオプションの数を3から2に減らしていることを意味します。iPhone 13 miniは、Appleのラインナップに、おそらく599ドル程度の低価格で引き続き反場される可能性が高いと言えます。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月27日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。