Apple、テレワークでソフトウェア・ハードウェア開発が順調に進む!

Bloombergからのレポートによると、世界中のAppleの従業員が自宅で働いているという事実にもかかわらず、Appleの今後の製品の開発はいつものように進んでいます。

Appleは、HomePod、Apple TV、MacBook Pro、低価格のiPad、Apple Watch、iPhone、iMacの新しいバージョンに取り組んでいます。これらはすべて今年の前半期リリースされる可能性があり、以前にリリースされていると噂されていますAppleのソフトウェアアップデートも順調で、6月にWWDCでデビューする予定です。
ただし、ハードウェアの開発においては、失敗もあるようです。、

ハードウェア開発を必要とする作業を行う一部の従業員は、依然としてAppleのシリコンバレーオフィスに入ることが許可されています。 Appleは、従業員が自宅で仕事をしている間は情報漏洩防止を非常に重視しています。

Appleはエンジニアが3月以降、将来のデバイスの初期バージョンを自宅に持ち帰ることを許可していますが、これは通常許可されておらず、監視が厳しくなっています。

将来の製品を持ち帰るには、従業員の組織のバイスプレジデントからの許可が必要です。未発表のデバイスを自宅に持っているそのスタッフのリストは、Appleの上級副社長、Tim CookのCEOが運営する経営チームに把握されています。

さらに最新の「iOS 14」およびその他のソフトウェアの更新に取り組んでいる従業員も、Appleの経営陣から承認を受ける必要があります。

(via MacRumors