Apple、FaceTimeのバグを修正するソフトウェアアップデートを来週提供!

Appleが、FaceTimeのバグを修正するソフトウェアアップデートを来週提供するとのことです。

Appleは、MacRumorsに「Appleのサーバー上のGroup FaceTimeセキュリティバグを修正しました、そして来週ユーザーのためにこの機能を再び有効にするために我々はソフトウェアアップデートを出すつもりです。」と述べました。

Appleは、Group FaceTimeのセキュリティ上のバグのため、サーバー上でのサービス提供を中止しました。

バグの内容は、ある人がFaceTime経由で別の人に電話をかけ、インターフェイスを上にスライドして自分の電話番号を入力し、相手が電話を受け付けなくても自動的に相手の機器から音声にアクセスできました。場合によっては、ビデオでもアクセス可能となっていました。

(via MacRumors