Apple Watch、スマートウォッチ市場では一人勝ちの41%のシェアを獲得(2017年7-9月期)

調査会社IDCの公表したデータによると、ウェアラブルデバイスの中でスマートウォッチ市場にフォーカスすると、第3四半期(7-9月期)の世界市場シェアは第1位で41%でした。2位はSamsungの10.4%でした。3位はGarmin(ガーミン)という中国の聞き慣れないメーカーです。

Apple Watchの出荷台数は、7月から9月の期間に270万台と推定され、前四半期の340万台から減少しています。

これは夏には販売台数が減る傾向があると同時に、Apple Watch Series 3の発売を待つ、購入待ちがあった可能性もあります。

今回のIDCの市場差には、フィットネストラッカーが含まれていませんが、Fitbit社と中国のXiaomi社などを含めたウェラブル市場でのAppleのシェアは、10.3%と推定されています。

Appleは、Apple Watch Series 3(GPS + Cellularモデル)を導入し、単独での運用も可能になり人気を獲得しています。これからもスマートウォッチ市場ではAppleの一人勝ちが続きそうです。

(via MacRumors

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。