iPhone X、iPhone 8 / 8 Plusが、音声通話で高域が明瞭に聞こえる音声コーデック「EVS」(Enhanced Voice Services)に対応!

auのiPhone X、iPhone 8 / 8 Plusが、音声通話で高域が明瞭に聞こえる音声コーデック「EVS」(Enhanced Voice Services)に対応していることが分かりました。(via Macお宝鑑定団

「EVS」は、他キャリアやauの VoLTE(HD+)対応機種同士、またはHD Voice対応機種との通話ができます。VoLTE を利用するためには、Phone X、iPhone 8 / 8 Plusの「設定」ー>「モバイルデータ通信」ー>「通信のオプション」ー>「LTE 回線を使用」ー>で「音声通話とデータ」がオンになっている必要があります。

EVSは、VoLTEで標準的に使用される音声コーデックであるAMR-WB (G.722.2) の周波数帯域50Hz〜7kHzと比べ、より高い音声周波数を伝送可能な周波数帯域50Hz〜14.4kHzを使用することで、高い音まで聞こえるようになり、より肉声に近いクリアな音質の通話が可能になります。

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。