Apple、プログラミングが学べる「Swift Playgrounds」をバージョン 1.6にアップデート!Swift 4とiOS 11 SDKを利用可能

Appleが、遊びながらプログラミングが学べる「Swift Playgrounds」(for iPad)をバージョン 1.6にアップデートしました。

Swift 4とiOS 11 SDKの正式公開にあわせてのアップデートです。

新機能等は以下の通りです。

【バージョン 1.6 の新機能】
• 新しい“拡張現実”のチャレンジでは、ARKitを使って現実世界の中にByteの仮想世界を出現させます
• コードからiPadのカメラにアクセスできるようになりました
• コード内のエラーの説明が一段と分かりやすくなりました
• コードでSwift 4とiOS 11 SDKを活用できます
• このAppと“コードを学ぼう1”のレッスンに、スペイン語(スペイン)、イタリア語、オランダ語、繁体字中国語、韓国語、スウェーデン語、タイ語、トルコ語、ポルトガル語(ブラジル)の新しい言語が追加されました
* ARKitの機能を使用するには、iOS 11が搭載されたiPad ProまたはiPad(第5世代)が必要です

入手は、iPadのApp Storeで以下のリンクからダウンロードしてください。

 

Swift Playgrounds
Swift Playgrounds
Developer: Apple
Price: Free