TSMC、iPhone搭載の「A11」プロセッサの量産を開始

台湾のDigitimesによると、台湾の半導体製造会社であるTSMCが、AppleのA11プロセッサの生産を開始したとのことです。このプロセッサは、秋に発売される予定のOLEDディスプレイ搭載のiPhone 8に搭載される予定です。

TSMCは「A11」プロセッサの唯一のサプライヤです。iPhone 8のほか、iPhone 7s / 7s Plusにも搭載見込です。iPad用はクロック周波数の異なる「A11X」となる可能性があります。

TSMCは、4月にチップの生産を開始し、7月までに5000万ユニットのチップを完成予定でしたが、10ナノメートルのFinFET製造プロセスの問題により生産が遅れていました。しかし、今回のDigitimesのレポートによると、これらの問題は解決され、量産が開始されたとのことです。

(via MacRumors