iPhone 5のDockコネクタは8ピン? BluetoothデバイスからiPhoneを経由して電話をかけたり、メッセージを受け取ったりできる機能を実装か?

Fadfaf-thumbnail2

iLoungeのJeremy Horwitz氏が、信頼出来る情報ソースからの、新しい情報として、8ピンのDockコネクタとBluetooth 4のリンク(ブリッジ)機能について述べています。このことは、これまで信頼出来る情報ソースから情報を得ていたのですが、追加の確認ができるまで発表を控えていたとのことです。

それによるとAppleはiPhone 5の新ドックコネクタに、これまで報道されてきたような16ピンや19ピンのコネクタではなく、8ピンのコネクタを採用するとしてます。(現行は30ピン)

理由は16ピンや19ピンのコネクタでは、Appleが必要としてる小型化とUSB・Micro-USBが提供する機能を超えた機能を両立させるのは難しいからだとしています。このことは2つの情報ソースで確認していると述べています。

MagSafeのようにどちらの向きに指しても利用できる付加的な機能は、1つの情報ソースから確認したが、もう一つのソースからは確認できなかったとしています。

また、Appleは、iOS 6の新機能として、Bluetooth 4を搭載したデバイス間でのリンク(ブリッジ)機能の実現に取り組んでいるとしてます。

それは、iPhoneで受信したメッセージを将来、(それに対応した将来の)iPod nanoに表示させたり、(iPod nanoから)iPhoneを経由して共有されたメモを録音したり、(iPod nanoに接続した)ヘッドフォンから通話を行えたり、iPadからiPhoneへ接続して電話をかけることができる機能です。

ひょっとして、新iPod nanoは、スマートウォッチになるのかもしれませんね。

8ピンのドックコネクタに関しては、現30ピンとの互換性の問題が出てきます。果たして真偽はいかに・・・