SONYが電子書籍リーダーReaderを発売! 電子書籍の時代がやってきた。

Sony reader1

SONYがすでにアメリカで発売していた電子書籍リーダーを12月10日、日本国内で発売開始します。

機種は5インチディスプレイのPocket Edition PRS-350(市場予想価格約20,000円)とTouch Edition PRS-650(市場予想価格約25,000円)の2種類です。

写真でも想像がつくようにディスプレイは電子ペーパーを採用し、長時間読書でも目が疲れない仕様となっています。

対応フォーマットは以下のとおりです。

著作権保護付き書籍:XMDFファイル(.zbf、.mnh)著作権保護なし書籍:XMDFファイル(.zbf)、EPUB ファイル(.epub) 、PDF ファイル(.pdf)、Text ファイル(.txt)

iPadと比較すると重量が軽い分、片手で持っての読書に向いています。iPadの場合は重すぎるので、長時間、手に持っての読書には向いていません。

デバイスの種類としては、Kindleと同様にほぼ電子書籍リーダーに特化した仕様になっていて、割り切りの良さを感じます。重量もPRS-350で155グラムと軽量で、通勤電車での読書に適したスペックですから、それなりにユーザーを引きつけるに違いありあせん。

また、Readerの発売にあわせて、電子ブックストアがオープンします。

 Sony bookstore1

当初の蔵書数は2万冊の予定ですから、SHARPのガラパゴスの3万冊にはちょっと負けていますが、問題はその後の充実度です。

Sony Reader

 

Last Updated on 2010年11月25日 by M林檎