Kindle日替わりセール、手塚治虫(著)「新宝島」99円

本日(2015年5月14日)のKindle日替わりセールは、手塚治虫(著)「新宝島」です。価格は99円となっています。 『宝島の地図をたよりに、ピート少年は冒険の海へとびだす……。戦後マンガにエポックを画し、著者のデビューを彗星の如く輝かせた幻の名作、40年後の今日、鮮烈に蘇る!!他に貴重な資料「ぼ …

記事全文を見る>> 

Kindle日替わりセール、ココロ社「マイナス思考法講座」599円

本日(2015年5月13日)のKindle日替わりセールは、ココロ社「マイナス思考法講座」です。価格は599円となっています。 『前向きなプラス思考で問題が解決したような気になっても、実際には何も変われていない、ってことありませんか? それは、プラス思考が現実逃避にすぎないからです。 そんなあなたが …

記事全文を見る>> 

Kindle日替わりセール、たっく(著)「必要十分生活」 99円

本日(2015年5月12日)のKindle日替わりセールは、たっく(著)「必要十分生活」です。価格は99円となっています。 『これまで多くの片付け法が提案されていますが、「まだ片付かない」「シンプル過ぎて生活に困る」「自分のやり方と合わない」ということになっていないでしょうか。生活空間は人それぞれな …

記事全文を見る>> 

Kindle日替わりセール、 荻野アンナ(著)「電気作家」199円

本日(2015年5月11日)のKindle日替わりセールは、 荻野アンナ(著)「電気作家」です。価格は199円となっています。 『日本人の意識を否応なく変えた東日本大震災。 誰も描けなかった3.11後の世界に芥川賞作家、荻野アンナが挑む。 鋭い観察眼とウィットに富んだ筆致が冴えわたる、軽快な電気(= …

記事全文を見る>> 

Kindle日替わりセール、たな (著)「ごはんのおとも 」299円

本日(2015年5月10日)のKindle日替わりセールは、たな (著)「ごはんのおとも 」です。価格は299円となっています。 『これさえあれば、何杯だって食べられる。わが友、ごはんの友。たまごの黄身のしょうゆづけ×独身男子。しそみその焼きおむすび×女子大生。なすの浅漬け×おばあちゃん。セロリのじ …

記事全文を見る>> 

Kindle日替わりセール、大前研一ビジネスジャーナル No.3 「なぜ日本から世界的イノベーションが生まれなくなったのか」 499円

本日(2015年5月9日)のKindle日替わりセールは、大前研一ビジネスジャーナル No.3 「なぜ日本から世界的イノベーションが生まれなくなったのか」です。価格は499円となっています。 『「海外/国内企業の動向」をデータで示し、「グローバルビジネスの今」を大前氏が分析するビジネスメディアシリー …

記事全文を見る>> 

Kindle日替わりセール、スティーブ・ソレイシィ(著)「英会話きちんとフレーズ100 スティーブ・ソレイシィ シリーズ 」599円

本日(2015年5月8日)のKindle日替わりセールは、スティーブ・ソレイシィ(著)「英会話きちんとフレーズ100 スティーブ・ソレイシィ シリーズ 」です。価格は599円となっています。 『誰もが本当はこれを知りたかった英会話の新しい裏技 ネイティブなら日本のきちんとした表現をこう言う ベストセ …

記事全文を見る>> 

Kindle日替わりセール、斉須政雄(著)『理場という戦場 「コート・ドール」斉須政雄の仕事論』199円

本日(2015年5月7日)のKindle日替わりセールは、斉須政雄(著)『理場という戦場 「コート・ドール」斉須政雄の仕事論』です。価格は199円となっています。 『大志を抱き、二十三歳で単身フランスに渡った著者が、夢に体当たりして摑み取ったものとは? 「早くゴールしないほうがいい」「効率のいい生き …

記事全文を見る>> 

Kindle日替わりセール、手塚治虫(著)「きりひと讃歌 1」99円

本日(2015年5月6日)のKindle日替わりセールは、手塚治虫(著)「きりひと讃歌 1」です。価格は99円となっています。 『奇病「モンモウ病」の原因究明のため、小山内桐人は犬神沢へわけ入った。そこで彼が見たものは!?そして、彼をまきこんだ陰謀とは!?手塚先生が、現代社会の病巣をするどくえぐる、 …

記事全文を見る>> 

Kindle日替わりセールは、神田憲行(著)『「謎」の進学校 麻布の教え (集英社新書) 』299円

本日(2015年5月5日)のKindle日替わりセールは、神田憲行(著)『「謎」の進学校 麻布の教え (集英社新書) 』です。価格は299円となっています。 『灘、開成、筑駒……東京大学合格者数ランキングの「常連校」は数多く存在する。しかし、50年以上トップ10に名を連ねる麻布の校長は「東大入試のた …

記事全文を見る>>