Apple、iOS 15.6.1リリースに続いて iOS 15.6への署名発行を停止、ダウングレードは不可能に

Appleは、iOS 15.6への署名を停止しました。iOS 15.6は、7月中旬にリリースされた以前に利用可能だったバージョンです。iOS 15.6 は署名発行されなくなったため、iOS 15.6.1をインストールした後にそのバージョンの iOSにダウングレードすることはできません。

Appleは、顧客にオペレーティング システムを最新の状態に保つよう促すために、新しいリリースが公開された後、古いバージョンのソフトウェア アップデートへの署名を定期的に停止しているため、iOS 15.6が署名されなくなったことは珍しくありません。

iOS 15.6は修正の規模が小さく、進行中のライブ スポーツ ゲームを再起動、一時停止、巻き戻し、早送りするオプションが導入されました。さらに、設定アプリがデバイスのストレージがいっぱいであることを表示し続ける可能性がある問題に対処しました。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月25日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。