「iPhone XやiPhone 8」の高速充電は、主要Androidスマートフォンよりもかなり低速

iPhone XとiPhone 8は、USB-Cによる高速充電を正式にサポートしているApple最初のスマートフォンです。

Tom’s Guideの新しい調査によると、iPhone XとiPhone 8は、急速充電機能の点で主要なAndroidデバイスに性能面で劣ることが分かりました。

テストで比較した機種はAndroidスマートフォンは、OnePlus 5T、LG V30、Google Pixel 2、Galaxy Note 8と高速充電アクセサリを使用して行われました。

iPhone XとiPhoneの場合、Tom’s GuideはAppleの29ワットアダプタ(別売)とUSB-C-Lightningケーブル(別売)を使用しました。

まず、デバイスを30分の充電時間でテストを行いました。 OnePlus 5Tが30分で59%に達し、2位のLG V30が53%でした。
iPhone X、iPhone 8、iPhone Xはそれぞれ50%、49%、47%でした。

次にTom’s Guideは1時間の高速充電をテストしました。結果はOnePlus 5Tが93%、V30が86%、iPhone Xが81%、iPhone 8が80%、iPhone 8 Plusが79%でした。

比較のために、iPhoneにもともと添付されているUSBアクセサリーで充電すると、iPhone 8は30分で30%、1時間で58%しか充電できませんでした。 iPhone 8 Plusは30分で26%、1時間で55%でした。 iPhone Xは、30分で17%、1時間で37%と非常に低速でした。

せめて、iPhoneに同梱する充電アダプタは、高速充電対応のものにして欲しいですね。

(via 9 to 5 Mac

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。