Apple、macOS High Sierra 10.13.2 beta 6を開発者とパブリックベータ・プログラム登録者に公開!

Appleが、macOS High Sierra 10.13.2 beta 6を開発者とパブリックベータ・プログラム登録者に公開しています。

今回のbeta 6では、先日のセキュリティアップデートで修正されたroot(管理者)権限を簡単に取得できるバグが修正されています。

これまでのbeta版では以下の修正が行われています。

今回のアップデートではFileVaultで暗号化したAPFSの組織向け復旧キー(IRK)が利用できず、暗号化ボリュームをアンロックすることが出来ない不具合が修正され、キーチェーンファイルを利用して復号化出来るようになった他、モバイルアカウントでTouch Bar搭載のMacBook Proにログイン中、Touch IDの設定にアクセスできるようになり、SMB共有されたプリンターとの互換性が改善されているそうです。(via Appleちゃんねる)

macOS High Sierra 10.13.2 beta 6の入手は、開発者登録もしくはApple Beta Software Programへの登録で可能になります。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。