新MacBook Proと新MacBook Airのベンチマーク結果

上の画像は、Primate LabsMacRumors経由)が公開した新MacBook ProとMacBook Airのプロセッサのベンチマークです。計測はGeekbench 2を使用して旧モデルと比較しています。

トップは12303で新MacBook Proの15インチ: 2.6 GHzモデルです。15インチ:2.6 GHz Retinaディスプレイモデルは11844で若干劣ります。これはクロック周波数の影響だと思われますが、なぜRetinaモデルのほうが黒億周波数が0.1GHz低いのでしょうか?

Retinaディスプレイ搭載で消費電力が増えるので、バッテリー持続時間を確保するためクロック周波数を落としているのでしょうか? この結果から、Ivy Bridoge搭載で約15パーセントほどスピードアップになっていることが分かります。

MacBook Airは、約20〜30パーセントもパフォーマンスが向上しています。MacBook Proを上回る結果で、新MacBook Airの購入を検討している方は、嬉しい結果ですね。(^^)v