Microsoftが、自身のクラウドストレージ利用アプリ「SkyDrive for Mac」をリリース!

Microsoft SkyDrive
Microsoftが、自身が運営するクラウドストレージSkyDriveをDropboxのように各PC、Mac、iOSデバイス間でファイルを同期させるためのアプリケーションをリリースしました。ダウンロードのページは以下のリンクです。

→SkyDriveアプリ

Mac版をインストールしてみましたが、以下の画像のようにFinderにSkyDriveのフォルダが表示されるようになり、Dropboxと同じように使用できます。

Microsoft SkyDrive-1
SkyDriveがこの時期にこのアプリを提供してきたのは、4月中にもリリース荒れていると噂されているGoogle Drive(無料5GB?)への対抗策だと考えられます。

ただし、SkyDriveは(仕様が変更になっていなければ)25GBの大容量ですから、Google Driveの無料5GB?、Dropboxの無料2GB、SugarSyncの無料5GB、iCloudの無料5GBに比較して、かなりの存在感です。

ユーザーとしては、複数のサービスがあれば、職場用や個人用など各デバイス間で使い分けることができるので、ありがたいですね。(^^)v

追記

今までSkyDriveを利用していたユーザーは一定期間内に利用登録をすると、これまでどおり無料で25GBの容量がもらえます。

通常は7GBが無料です。追加料金は、20GB追加で800円/年、50GB追加で2,000円/年、100GB追加で4,000円/年です。

Last Updated on 2016年11月12日 by M林檎

コメントを残す